本日の話題 2016.06.05 (日)
だれきっております。
仕事は全部、一時帰国終了後に後回し~~。



前んち三軒の真ん中のうちで急な葬式になった。

鯛の葬式は鯛らしくダラダラと長い。
坊主(数人来る)の読経が長いのは致し方ないとしても、
その他の特に儀式のない時間もえんえんと親戚隣近所の人々がだべっている。

だべりながらジュースを飲んだり、だべりながら食事の用意をしたり、だべりながら食事をしたり、だべりながら携帯をいじったり、あるいはただだべっている。
というのが朝から晩まで数日つづき、最後に火葬場に行ってフィナーレとなる。

日数は葬儀によって異なるが、(金持ちほど長いような…)
前んちでは三日間だった。


親族ではないものの、すぐ裏の家にすむ者としては毎日だべりに参加するべきのようである。
師匠は仕事から帰ると顔を出していたし、私にもたびたび手伝いに(一人で)行くよう指導。

……………無理だって。いろんな意味で。

せめてなんらかの儀式が続くならまだしも………ただひたすらのだべりんぐ。
同じ時間、亡き人のために瞑想し続けるほうがワタクシ的にはよっぽど可能。
鯛人的には、エンドレスだべりんぐ+だらだら飲食が楽しみで来てるらしい。(ようにしか見えない)

大変申し訳ないが、初日朝の線香あげと夜の読経タイム+α、
最終日の火葬(いちばん重要)のみの参加にさせてもらった。


まぁガイジンだし、師匠は私の代わりを果たしてなお余るほどおしゃべりだしね。。。


スポンサーサイト
Secret