親戚いろいろ 2016.09.25 (日)
お世話になってる前んちの奥さんと師匠は、実は遠縁の親戚。

というのがわかったのは、ほんの2年ほど前だったか、
師匠の親戚の葬儀が市内の寺であり、なぜかそこに奥さんも同行したことがあった。
そのとき居合わせた師匠の仲良しいとこの一人(女性)が、奥さんを見てビックリ。


師匠は彼女にとって父方のいとこらしいのだが、
前んちの奥さんは彼女の母方のいとこにあたるという。

えーと、なんていうんでしょうね、こういうの。
またいとこ?? 


そうとも知らず、しかし毎日顔を合わせ付き合っていた私ら。

このとき、このいとこの彼女とうまく鉢合わせなければ、知らずにずーっとすごしていたに違いない。
(他に前んちの奥さんを知る人は来ていなかった)



彼女は気さくなおしゃべりで、いつも親族の集まりにきてたのに、
それ以降はあまり集まりでも顔を合わせないなーと思ってたのだけど。

口腔がんになって、亡くなってしまった。


別のいとこから連絡をもらった師匠と私と、前んちの奥さんを誘っていっしょに葬儀に行ってきた。

午後の、人があまりいない時間に行ったけど、
おかげで亡くなった彼女のお姉さんとかお母さんとゆっくり話が出来た師匠と前んちの奥さん。
二十年だか三十年だかぶりに顔を合わせて喜んでいた。


お世話になったいとこに感謝。
成仏しなっせ~~~。




スポンサーサイト
Secret