鯛いろいろ 2017.09.17 (日)
師匠の友だちの音楽の先生。
長年の別居を経て離婚調停中にて、師匠が友だちとして裁判所に出廷したりした。

断片的に聞いていた、その先生の奥さんの鬼嫁っぷりがなかなかに激しい。


貸し店舗で個人の美容室をやっている嫁。
昔、その店に水道設備がなかった。(何故借りた、と言いたいが、それはさておき)
で、水道がある通りの向こう側から洗髪用の水を運んでこなければならず、
旦那が毎日タンクに入れて何度も往復、水を調達。

当時の旦那スケジュールは、早朝5時出勤し部活朝練、8時から授業、
夕方終業後水調達、夜~深夜は市内で生バンドのバイト。
(家のローン支払いのため。鯛では公務員の副業可)

帰りが少しでも遅くなると、自宅は内鍵を閉められ、閉め出し。
外で夜を明かす旦那。 の日々。


水道が引かれローンも終えてバイトやめるも、その頃にはすっかり別居。
離婚するなら全財産と慰謝料600万よこせとの鬼嫁。
(ちなみに旦那はまじめで浮気などは何もしない人)


仕方なく別居のまま、旦那がんばって職場近くに自分用の家建てた。
庭に勝手に嫁が小屋建てた。
小屋を拠点に旦那新居に嫌がらせする嫁。

例1) 旦那新居の配線のたぐいを切りまくる
例2) 旦那車(ガス改造車で普段はガス使用)のガソリン注入口から塩つめこむ
   (ひさしぶりにガソリン入れようとして、スタンドで塩つめ発覚)
例3) 寝ている旦那の寝室に忍び込み、喉元に包丁を突き立てて脅す

そんなこんなで、せっかくの新居にも住めず、現在学校内で寝起きしている旦那先生。


………あまりの鬼嫁っぷりに、最初は引いたが、そのうち笑えてきてしまい、爆笑。


こんな嫁、知り合いの話だとドンびくが、鯛では結構よくある話。

くわばらくわばら。





スポンサーサイト
Secret